落書き帳(文字)

ふっと日々考えたことを気まぐれに書いていくブログです。基本的に後ろ向き、提案に対してはできない理由をたくさん列挙し、否定はするけど自分からは提案しないというスタンスでいきますので気分を害したらごめんなさい

【視聴済】ROOM

弊社では一定以上のTOEICの点数の取得が推奨されている。だが、私の周りに英語に力を入れている人はほとんどいない。グローバルがどうのこうのと言う話を、もう雑音と勘違いするくらい聞かされてきた昨今、それでも仕事は進むのだから別にもう勉強とかいいんじゃないか、という気持ちにもなる。

 

が、自分には映画文化の最先端であるアメリカの書籍や物語を、日本にいる誰よりも早く手に入れたい。そういうわけで、私の趣味の充実のために英語学習は欠かせない。スタンドバイミーや嵐が丘やフィリップマーロウものを英語で楽しむのだ。

そこで役に立つのは何か? そう、我らがAmazon様であろう。そこそこ面白い映画の英語版をただで見られ、kindleを使えば英和辞書をぺらぺらせずとも単語の意味がわかる。なかなかいいではないか。

 

ルーム(字幕版)

 

と、言うわけで、Amazonで「ゆるキャン△」を見ているときにふっと広告に流れてきたのがこれ。実際の母子監禁事件を題材にした映画だった。

タイトルの一面に映る二人が、七年間の間父親に監禁されている、という状況から物語は始まる。母親はともかく、子供は生まれてから五年間を、ずっと小さな部屋の中しか知らずに過ごしてきたのだ。そういう子供が外の世界を知った時どういう反応を示すのか? ということは、凄く興味のある題材だ。

私がこの作品をざっくりと勝手に説明するなら、狭い世界を脱出して大きな世界を知ること、と、そのために必要な勇気について描いた話、という感じになるだろうか。

 

月並みな話だが、無知な誰かが新しい何かに刺激を受けてその行動や考え方を変えていく様を見ているのは、凄く面白い体験だなと感じた。

【読了】Homo Deus

これは新しいSF小説だ!

というのが率直な感想です。

 

二年くらい前に話題になった「サピエンス全史」という本があります。

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

地球上に原始生物が生まれてから、そいつが進化を遂げ人類が誕生し、そして人類がいかに社会を作り上げていったかの概要をざっくりと説明してくれるいい感じの本です。

自分はこの本を受けてかなり感銘を受けまして、しばらくネットでいろいろしばらく探し回った最後に表題の本を見つけました。

同じ著者の次作です。そのタイトルが 「Homo Deus」

サピエンス全史が古代から現代までの歴史の概要を説明しているのに対して、Homo Deusでは、今後人類社会がどうなっていくかについて、現在主流になりつつある技術や思想をもとに考えうる可能性を示そう、という態度で書かれています。原著はヘブライ語らしいです。自分はkindleで英語版を買いました。今年の八月には日本語版が出版されるそうなので、後半年後くらいにはネットでちょっと話題になるかもしれません。

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow

 

さて、何となくタイトルからして胡散臭い感じのする二冊の本です。確かに極端なぺシミズによりすぎとは思いますが、題材が題材なので、著者も記述や考察に客観性を持たせるために苦労しているようです。

読者としては、本の中で取り上げられている面白いエピソードや歴史的な事実の中で興味を持ったものを皮切りに、いろいろ調べて未来予想してみたり、新しいものは自分の生活に取り入れてみたりするといいかもしれません。

この本の中では、バイオ技術やIot、人工知能の最新の研究事例やそれによってできることがいろいろと列挙されていて、それをきっかけに調べてみるだけでも結構楽しいです。

人間の寿命延長、IoTによるクルマ総台数の削減、人工知能普及による判断業務の代替、なんかが自分としてはホットな話題です。このあたりの技術には、だいたいGoogleがかかわっているのだから驚き。この本を読み終わった後は、ああ、面白いSF小説だった、と思うと同時に、もしかしたらGoogleが世界を支配するかもな、みたいな気持ちになれます。

 

わりと平易な英語で書かれているので、暇つぶしの英語学習の際にはぜひ、という本です。

【視聴中】宇宙よりも遠い場所

アマゾンプライム会員としてはプライムビデオを利用しない理由はない。

そういうわけで、最近の自分のサブカル文化の受容はほとんどアマゾンを通したものになっている。本にしても動画にしてもだ。

 

タダとは言えクオリティは高く(ただし、kindle unlimitedの無料本の品ぞろえは非常に良くないと感じる)、暇潰して見始めてガチハマリしてしまうことは少なくない。つい昨日もそうだった。日曜の就寝前にふっと、それこそ魔がさしたというものだ。

 

そして思った。自分はこれまで馬鹿みたいにキラキラした青春ものを腐るほど読み、視聴し、やっとこさいい大人になったかと思ってもまだ懲りないのだ。

 

 

【Amazon.co.jp限定】 宇宙よりも遠い場所 1(第1巻早期予約特典:アニメ描き下ろし「キマリのA3クリアポスター」付)(全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用B1布ポスター 引換シリアルコード)(イベントチケット優先販売申込券) [Blu-ray]

仲良し四人組の高校生が描かれた一枚絵を見て、青春物はもううんざりだと何度思ったことか。

 

 「女子高生が南極に行く話」

という触れ込みはなんとなく知っていたが、自分は「高校生が南極なんてどうやっていくんだろ」ということをボヤっと感じてそのまま流してしまうだけだった。

 

主人公キマリは、「何をしたいのかわからないけど何もできないことがもどかしい」という、誰もが共感できてしまうような悩みを抱えたまっすぐな高校生だ。こいつが、中学生のころから「南極に行く」と周囲に公言してはばからない淵沢報瀬(何と読むのか自分はすぐ忘れてしまうのだが)に共感するところから物語が始まる。

周りの人に変人扱いされても自分の意思を曲げない同級生の夢に共感して、主人公がちょっとずつ前に踏み出していく様は、ベタベタだけれどやっぱり凄くいい。あれこれ目の前の展開に振り回されているうちに、周りに夢を志す仲間が集まってくる展開もいい。

そうこうしているうちに、やっぱ青春ものはいいわ、とあっさり懐柔されてしまう。我ながら単純すぎる。

それなりの挫折と努力の末に、彼女らは偶然みたいなきっかけで南極行きの切符を手にしかける。実際に手にしたかどうかは未視聴だからわからないが、多分いろいろあった末に南極までたどり着いてしまうんだろう。OPソングも南極で遊ぶ四人組(実際の観測員が見たらちょっと怒るんじゃないか?)という感じだったし。

とはいえ、やっぱり高校生だけの力で南極に行くなんてことは難しい。やはりご都合主義的、都合のいい偶然はいくつもあって、アニメ上の話を進める上ではそういう製作上の工夫はどうしても必要になってくるようだ。ただ、そんな中でも、各々のキャラクターが葛藤を乗り越えて、それでちょっとずつ成長しお互いを信頼していく様に共感してしまって、物語上の作り物なんか気にならなくなってしまう。

いろいろな偶然が重ね合わさった目まぐるしい展開を追いかけているうちに、なんだか自分も南極行きの切符を手にできるような気分になってくる。

自分はもうすっかり大人だというのに、青臭く夢を追う情熱は常に持っていたいな、という気分にさせられた。

青春の魔力から逃れるのは、多分いくつになっても難しいんだろうということをこの話からは強く感じた。見終わりたくないアニメの一つになりそうだ。

【読了】「若者」をやめて、「大人」を始める

 

「若者」をやめて、「大人」を始める 「成熟困難時代」をどう生きるか?

シロクマ先生のブログをちょいちょいチェックしている。

 

シロクマ先生、なんていう親しみを込めた呼び方をするほど相互の関わりがあるわけではないのだが、おそらくこの名称がブログ界隈では一般的な言葉になっているようなので、この言い方をそのまま使おうと思う。

 

自分がいつもシロクマ先生のブログをチェックしているのは、多分、自分もこんな感じの大人になるんじゃないかなあ、というボヤっとした感覚があるからだと思う。サブカル方面の趣味を持ち、自身の専門知識を深めて仕事をする。おそらく学生時代はちょっとさえない(違ったらごめんなさい、でも、サブカル方面に進路をとる人はだいたいそういう感じな気がする。というか、自分がまさにそうだからだ)

 

シロクマ先生曰く、二十代の後半はまだまだ伸び盛りで、人生の一転させる機会はどこかに転がっているという(……文面違うかも)。そういわれればその年代の人間としては、自分の将来に未知なる可能性を感じてわくわくしてしまわないわけにはいかないが、それだって一種の幻影かなと思う。

 

就職を決めた段階で、自分の人生がどうなってしまうかは、だいたい予測できてしまうんじゃないか?

 

自分の会社は平均年齢がだいたい三十歳前半。去年一年、一緒に仕事をしてきたチームの年齢はこんな感じだ。

60代、50代、30代後半、30代前半、20代(自分)、20代

の6名。なんと、幅広い年齢が分布しているじゃないか。

 

自分の今まで所属してきた組織は、年齢の偏りがある場所ばかりだった。

小学校から高校、大学の部活動、アルバイト、研究室。

学生と先生。社会という大きな枠組みで見れば、年齢分布の両端からひょいひょいとサンプリングしてきて狭い場所に押し込めたような感じだ。

学生時代に出会った大人はごく少数だ。大学の先生、なんていう、なかなか珍しいタイプの大人。あとは両親。しいて一番一般的な大人と言えば、大学の部活動のOBか。生意気な話だが、学生の頃は、部活動のOBみたいな人には一番なりたくないな、と思っていた。せめて大学の先生だろう、と。自分は学生の頃の自分を裏切って、ぬるぬると社会人になり、糊口をしのぐために自分の夢とは正反対の職務に一日の時間の大半を費やしている。それはそれでそこそこ面白いのだが。

 

学生のころは、社会に生きる大人との接点がほとんどなかった。だから、自分の想像の中で、地に足のつかない大人のイメージをいくらでも作ることができた。大学院の二年生のころ、やたら就職をしたくないと思っていたのは、多分、就職したら自分の人生の進路が固まってしまうことを無意識に恐れていたからだ。

 

自分の人生はまだどうなるかわからない、が、だいたい、人生ゲームみたいに、こうなるであろう可能性はすべて自分の前に示されているように見える。

結婚と昇進と出産(生むのは自分ではないが)というメインのイベントが三つあって、そのメインのイベントは、それぞれが無数の選択肢を持っている。その無数の選択肢も、おそらく、自分の会社の先輩のうちの誰かが選んだ進路と死ぬほどよく似ているだろう。結婚という選択肢を捨てて子どもを授かる可能性が消えることだってある。そういう人も会社には探せばいると思う。

 

自分はまだ、十代のクソガキが持つような、特別でありたいという願望を若干心の片隅に持っている。と、同時に、どうやったらそれを捨ててしまえるかといろいろ試しつつある。それと、ほん少しだけ、まだ特別になれるんじゃないか? という淡い希望を持って小説を書いていたりする。

自分は宝くじを毎回買う両親に「そんなの意味ないっしょ。雷に打たれる確率のほうが……」とか小賢しいことを言っていたが、自分のやっていることもそれと同じだ。やっぱり、何か特別なことが起こるんじゃないか?っていう期待は、簡単には捨てられないんだろう。自分より何十年も生きている両親がそうなのだ。

……さっそく、自分の将来の心の在り方が、周囲の大人の行動から簡単に予想してしまえたじゃないか。

 

後はおそらく、社会構造とか周囲の環境によって決まってしまった謎のレールに乗って、一生を終えるだけなのかなということを感じる。それを幸せだと思って生きることも悪くないかなと思うけれど、いっそ全部振り切って落ちるところまで落ちてみたほうが楽しいかもしれないと思う。が、これまでの人生経験から言って、自分がそんなばくちめいたことをするとは思わない。

 

若者にフォーカスを置きつつ、人生全体を眺めるような本を書いてしまう著者は、やはり若者文化に偏りつつそれだけじゃだめだ、と思ってしまうサブカル好きな人なんだなあということを勝手に思っています。

 

本のレビューを書くつもりだったが、なんだかよくわからない文面になってしまった。

……若者から大人まで、自分のライフプランについて、こんな風につい考えさせられてしまういい本でした。