狐の嫁入り

20代エンジニアの雑記ブログです

結婚しないとやべえなって思ったけど、結婚してもやべえなって思う

とてもおかしいタイトルで失礼します。

 

ツイッターSNSでの異性関係の不安やコンプレックスを煽る言説の数々にも食傷気味になりまして、そういう文章を読むたび

炎上マーケティング頑張ってんなあ……」

と微笑ましい気持ちで眺められるようになりました。

 

そういう他人からの煽りをそこそこ気にしないでいられるようになった今でも「今婚活やらんといろいろまずいんじゃないか」という感覚はやっぱり残ります。

おそらくその直感は正しく、二十代後半になってもまだ自分の望みを実現できておらず、だからといっていつまでも人生の決断を先延ばしにしている自分はあかんなとうすうす感じています。

正しい大人のあり方として、さっさといろいろなものを諦め、捨て、他者に貢献するマインドを養って愛すべき誰かとの共同生活を初めてしまったほうが、長期的に見て幸福いられるのかもしれないなという思いがよく浮かびます。

 

まあ、愛すべき誰かなんて自分のDNAが混じった人でしかありえないのかもしれませんが。

 

結婚を目的とした結婚はしたくねえな…‥とか思ってしまう私はまだまだあまちゃんなのかもしれません。いつまで思春期を引きずってるんだろう。今でもまだ、魅力的な異性と出会って仲良くなり、知らないうちになんとなく結婚していた、みたいなファンタジーを心のどこかで信じているのかもしれません。

 

未だに結婚はロマンチックで劇的なイベントであるという虚構が世の中にははびこっており、それが結婚後の共同生活という人生で最も注力しないといけないイベントへの参加を遅らせていると感じます。

なんというか、結婚ってもっとカジュアルでいいはずなんです。別に好きな相手でなくてもよく、恋愛関係なんて必要なく、愛なんていう正体のつかめないものに依存するのでもない。そんなものは重要じゃないはずです。そういう虚構で遊んでいいのは、自由と時間と魅力を余るほど持っている一部の特権階級の人だけだと思うのです。

一般市民にとって必要になるのは、共同生活を営んでいく忍耐力とお互いへの信頼です。そこにはロマンチックな要素などひとかけらもなく、ただ地道な努力の積み重ねです。

結婚ってやべえな、というのはこのことで、共同生活にとんでもない労力が必要になるのに、それに至る道を吐気がするような虚構で塗り固めないといけないということ。普通に頑張れない……そんなことを頑張れたのは、ガチ惚れして終わった学生時代の残念な恋愛のときくらいです。

そういう壮大な勘違いが発生しなくなった今、このイベントにどう向かいあっていったらいいのかわりと途方にくれています。

 

 

匿名ブログっぽい書き散らし記事です。